先輩の声 フレッシャーズ採用情報

2013年6月現在

vol.01 財務部 財務企画グループ マネジャー 川井 朋子さん
入社

2000年 4月1日

勤務地(店舗)

広島本社

最終学歴

社会学部 環境社会学科

現在の仕事

会社の財務に関わる業務。決算に関する報告書の作成及び開示、支払いに関する業務、売上金等の入金に関する業務など、

経験は私を成長させてくれる、一番の財産

イメージ

 入社して13年。現在は、会社の財務に関わる業務を担当しています。店舗勤務からスタートして、3年後に本社で広報や人事に関する業務を担当、再び店舗、その後、マーケティングや経営企画に関する業務を担当し、今に至ります。この経歴を見たら「こんなに異動になるの?」とちょっと、驚かれるかもしれませんね。私自身、大変でした(笑)。仕事を覚えたかと思ったら異動になり、最初のころは戸惑いや不安もありました。しかし今では、それ以上に経験を積み重ねていけることに感謝しています。仕事を通じて社内外問わず、多くの方々とお話することで自らの視野も拡がり、自分とは違う考え方、仕事の仕方、生き方をしている人と接点を持つことは、自分の知らなかった世界を知るきっかけになります。変化を恐れず、これからもいろいろなことに挑戦していきたいですね。

「マックスバリュ西日本」は、常に前進している会社

イメージ

マックスバリュ西日本を志望したのは、「食」に関する事業に将来性があると考えたから。大学では有機農業について学び、生産者と消費者の間にある流通で何かができればと、希望を持ちました。また、基盤のしっかりした会社であることも選択肢の一つでした。マックスバリュでは雇用形態や性別に関係なく、学ぶ機会、チャレンジする場が与えられること、そして数回の合併によって業容を拡大してきた会社ですから、地場を熟知した豊富な人材が揃っているのも大きな強みです。どの部署に行っても上司や先輩、多くのメンバーに恵まれていると常に感じています。これからは、恵まれた環境下で他力本願になることなく、自分なりに先行きを予想したり(練習)、何がヒットするのか想像してみたり(イメトレ)、もっと外に目を向けて見識を拡げていきたいと思っています。

入社後の経歴

2000年 4月

入社
マックスバリュ
友沢店 サービス担当

2001年 10月

マックスバリュ
養父店 サービスチーフ

2003年 3月

戦略企画部 担当

2004年 2月

人事教育部 担当

2005年 8月

マックスバリュ
笠岡店 副店長

2006年 10月

マックスバリュ
鴨方店 店長

2008年 10月

マーケティング部 
リーダー

2010年 4月

経営企画部 企画担当

2012年 4月

経営企画室
経営企画Gマネジャー

2013年 6月

財経部 
財務企画Gマネジャー

印象に残っている出来事

初めて店長に着任したときのこと。過去にお世話になった上司が遠方から激励に来て下さり、私の古いストラップ(名札)を見て、無言でご自身のものと取り替えて下さいました。私には「しっかりやれ」と言われているように感じられ、同時に、部下をしっかりみるということの大切さを教えられました。

目標を持って…

「1年後にどうなっていたい?」「3年後に何をしていたい?」か、目標や夢を手帳に書き留めています。例えば、入社2年目で店舗の担当をしていたころには、5年後に副店長になったら仕事を辞めて結婚しようと思っていました(笑)。今は、「仕事」「教養」「趣味」「健康」「家族」の5つのカテゴリーで月間ごとの目標を記載しています。自分を見つめ直す、いいきっかけになります。

就活応援メッセージ

自分の魅力や能力は「こんなものかな…」と決めつけないで下さい。決めてしまうと、そこで成長が止まってしまいます。もったいない!目の前にある嫌いなこと、しっくりこないことでも、一度は向き合ってみることだと思います。強い思いがあれば、必ずチャンスはやって来ます!!

先輩の声をもっと聞いてみる

  • vol.01 財務部 財務企画グループ マネジャー 川井 朋子さん
  • vol.02 商品本部 水産生鮮魚担当 バイヤー 力石 明久さん
  • vol.03 ザ・ビッグ庄原店 農産チーフ 川中 紳也さん
  • vol.04 マックスバリュエクスプレス 草津南店 店長 山本 昴樹さん
このページのトップへ戻る