先輩の声 フレッシャーズ採用情報

2013年6月現在

vol.02 商品本部 水産生鮮魚担当 バイヤー 力石 明久さん
入社

2004年 4月1日

勤務地(店舗)

広島本社

最終学歴

商経学部 経営学科

現在の仕事

生鮮魚、切身、鮮魚加工品の仕入れ。産地開発、物流の構築。各メーカー工場での加工品の開発。販売計画の作成など。

自分の目で見て、触れて選ぶ。大きなやりがいと責任

イメージ

 入社してから主に水産を担当し、店舗業務を経て現在は本社にて仕入れから加工品の開発、販売計画まで、幅広く携わっています。バイヤーとして自分の目で選び、考えた商品が売場に並びお客さまに喜んでもらえる点は、一番のやりがいを感じています。同時に数字を求められ、改善していくのも重要な仕事なので、責任もこれまで以上に大きくなります。プレッシャー、適度なストレスで業務に励んでいますが、自分のやりたい事ができる環境なので、成功も失敗も自身の糧にして、次回へ活かすことができています。 月の半分は、メーカーさんとの商談や産地視察に飛び回っています。直接目で見て、触れて選ぶ仕事は商品部ならではの醍醐味。商品だけでなく、人と人との繋がりを拡げているのも大きな魅力です。

人は宝。多くの人に支えられていることを知りました

イメージ

 学生時代にスーパーでアルバイトをして、そこで接客の面白さや商品が売れる喜びを知り、この業界に興味を持ちました。「マックスバリュ西日本」は、お客さまの立場を一番に考えた売場で、清潔感があり広く買い物のしやすい店だと思ったためここで働きたいと思いました。実際に入社して大きな変化はありませんが、ただお自分が利用する立場で見ていた売場には、裏側で働く従業員、取引先など多くの関係者で支えられていることを実感しました。特に、古くからある店舗の従業員(フレックス社員)の経験や知識は会社の宝であり、大きな強みです。新しい店舗の従業員や新入社員にそういった経験、知識が受け継がれていけばさらなる強みになっていくと思うし、自分自身も大切にしている点です。 もともとは、アルバイトの経験だけで店舗営業を希望し、業種を絞って当社に入社しましたが、今では当初の希望とは違った仕事をしています。しかし目標を掲げ、それに向けた努力と工夫する面白さ、目標を達成したときの喜びは、どの分野にも共通して言えることだと気付きました。失敗も多くありますが、恐れず挑戦をすることが仕事の面白さであると感じています。

入社後の経歴

2004年 4月

入社
マックスバリュ
三田店 水産担当

2004年 9月

マックスバリュ
太子南店 水産チーフ

2006年 2月

マックスバリュ
新宮店 水産チーフ

2007年 6月

マックスバリュ
相生南店 水産チーフ

2008年 9月

マックスバリュ
イオンタウン明石店
水産チーフ

2009年 4月

マックスバリュ
イオンタウン太子店 副店長

2010年 6月

兵庫事業商品部水産SV

2011年 3月

水産商品部 兵庫地区BY

2011年 8月

兵庫商品部 水産担当BY

2012年 3月

庫岡山四国商品部
四国水産担当BY

2013年 3月

庫岡山四国商品部
四国水産担当BY

商品開発エピソード

味付けカレイの切身を商品化しました。当時、バジルとムニエルの味付けが流行っており、フレックス社員から「カレイもこの味付けにしたらおいしいかも!」という意見にヒントをもらい、商品化に取り組みました。試作、試食を繰り返し、味、材料、調味料、作り方など細かくチェックを行って商品化に漕ぎ着けました。ちなみに、現場の声から生まれたこの商品は今や全国展開の人気商品です。

入社時を振り返って…

入社して2カ月で水産担当になり、魚の知識もなければ、包丁も触ったことがなく、どうなるのか不安でいっぱいでした。チーフやフレックス社員の方に教わりながら、がむしゃらに学びました。何も知らない私に丁寧に教えてくださった方への感謝は、今でも忘れません。これからも初心を忘れず!です。

就活応援メッセージ

就職活動は人生を決める大きな分岐点です。この機会に長所・短所・考え方など自分を見つめ直してみてください。また、就職先の選択には当社はもちろん、より多くの業界・業種に興味関心を持って学び、悔いの無いものにしてください。何事にも失敗を恐れずに、まずは挑戦してみてください。

先輩の声をもっと聞いてみる

  • vol.01 財務部 財務企画グループ マネジャー 川井 朋子さん
  • vol.02 商品本部 水産生鮮魚担当 バイヤー 力石 明久さん
  • vol.03 ザ・ビッグ庄原店 農産チーフ 川中 紳也さん
  • vol.04 マックスバリュエクスプレス 草津南店 店長 山本 昴樹さん
このページのトップへ戻る